スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本。

皆さんはあの戦争時代と言われた
20世紀の日本の対応をどのように考えていますか?

色々中学校や高校に通っている時に勉強されたコトは

・国際連盟日本脱退。

・慰安婦問題。

・神風特攻隊

など極端ではないですが
なんだかんだ否定的なイメージで習ったコトと思います。

少し例を挙げて話しますと

国際連盟日本脱退。

まず教科書的な書き方だと

『満州国を認めない国際連盟を脱退、
日本は “世界の孤児” になることを選んだ。』

こんな風に書かれてあるでしょう。
けど本当はちと違うんです。
結果として『世界の孤児』となりましたがね。

これに関しては当時の世界情勢をまず知ってもらわないといけません。
当時の世界情勢はもうまさに

白人万歳☆ヽ(´ー`)ノ


有色人種だめぽ(´・ω・`)

そんな世界真っ只中だったのです(;゚д゚)

1919年2月13日
第一次世界大戦の戦後処理を行う為パリ講和会議が開催されました。
それと同時に国際連盟規約委員会という席があり

国際連盟での決まり事を作ろう♪

みたいな会議もあったわけです。

そんな中すでに決まっていた14ヶ条に付け加え
日本は幻の15ヶ条を付け加えようとしました。
その内容はこのような感じです。

人種あるいは国籍いかんにより
法律上あるいは事実上何ら差別を設けざることを約す


つまり人種差別撤廃条項です。

ですが当時は欧米列強社会最盛期。
そんなアリアリとした表現では通用しないぽ(´・ω・`)と思った
わが国日本はちょっと言葉を変えて

国家平等の原則と国民の公正な処遇を約す(`・ω・´)

と提出したのです!

そしてその結果は、、、、、






ウィルソン・米国大統領筆頭に
却下!論外!無視!
されますたヽ(`Д´)ノウワァン

けどね本当は可決されたんですよ。本当はこの案は

16票中11票の賛成多数だったにも関わらず、
議長であったウィルソン・米国大統領が突如として、
「重要案件は全会一致でなければならない」等として
勝手に
ルールを変更


,,,,,,,,,,,,,ガキですかこのヒトは( ̄□ ̄;)

けどこれにはさすがに他の国のヒトもちと文句を言ったワケですよ。
フランス全権団のヒトが

今までは全会一致で規約を決めてないのに
今回だけなぜそうするんだ!?(#゚Д゚)


ってたずねたトコロお子チャマであるウィルソン君は

我々の一部にとっては余りにも障害があるので、
規約にそれ(人種差別撤廃条項)を挿入する事は出来無い


と答えますた(;・∀・)
あのぉ~~~これは一応国際会議ですよ(;・∀・)
あんたの我がままが通用するんなら、国際会議じゃございません。。

しかもその上!!!

議長役を放り投げてとっとと帰国

、、、、、もぉ子供を超えて狂人と化してますな(;゚д゚)

呆れた日本は最終的に国際連盟を脱退し国際社会の中で孤児となりましたがその規約案を提出した時の世界の反応はどうだったかご存知でしょうか?
まず

人種差別撤廃を求めて戦っていた全米黒人新聞協会は、
当時、

我々黒人は、講和会議の席上で、人種問題について激しい議論を戦わせている日本に、最大の敬意を払うものである。
全米1200万の黒人が息を呑んで、会議の成り行きを見守っている。


と論説し、日本提案の行方に対して、非常に大きな期待を寄せていました。
又、欧米列強によって分割・植民地支配されていたアジア・アフリカ地域の民衆も、
日露戦争の際、
面積で60倍、国家予算・鉄鋼生産高・造船能力も約10倍であった
「超大国」ロシアを破り、
有色人種国家で唯一、列強(一等国)に数えられる事となった日本の提案に、
有色人種の「民意」(人種差別撤廃・植民地解放)をダブらせて支持をしたのです。
しかし、結果は前述の通り、
米英のエゴによって、葬り去られてしまったのです。


皆さんはこのような事実をご存知だったでしょうか?
確かに日本の教科書は
彼の国のように捏造されまくった教科書ではなく正しいコトを言ってます。

ですが敗戦国という肩書きを悪く思っているせいかなぜか教科書には
当時の日本を褒めるような書き方はしていません。

たまたま最後の世界大戦があの第二次世界大戦であって
その発端となった日本が罵られるようになりましたが

当時の視点から考えてみるとある意味あの戦争は日本の使命だったようにも思えます。
当時は戦争の世紀と呼ばれた戦争最盛期の時代。
なおかつ欧米列強社会であり
東アジアは全て植民地化されました。例を挙げますとこんな感じで。

イギリス領インド
イギリス領マレー
フランス領インドシナ
アメリカ領フィリピン
オランダ領東インド

アジアで唯一列強と数えられた日本だけが
欧米列強社会と戦うことが出来たのです。
そして日本が起こした戦争により日本が勝ち、
その植民地のほとんどが日本の手によって解放されるようになり
独立運動がアジアからアフリカまで行われるようになりました。

第二次世界大戦では日本は敗北し、敗戦国となりましたが

その第二次世界大戦の結果誕生した国際連合の『国連憲章』では
「諸人民(人種)の平等」が規定されており、
『人種差別撤廃条約』・『国際人権B規約』(自由権規約)
等の国際法も整備されました。
又、日本が「大東亜共栄圏」の大義の下、
進めた欧米列強からのアジア植民地解放についても、
戦後、アジア・アフリカ・オセアニアの植民地が次々と解放され、
独立していった訳で少なく共、日本は
「戦争には負けたが、理念では勝った」
と言える気がします。


まとめとして。
Tokuはあの第二次世界大戦は国際的な組織の中で平等を作り上げるためにも必要だったのではないかと思います。あのまま日本が黙り続けていればそれこそ欧米列強社会、白人主義の時代で有色人種は今もなお虐げられているような時代になっていると思います。
今このような時代、国際法の元で差別がない状態であるからこそもう戦争は必要ありません。Tokuは戦争には大反対です。
それこそ、先の戦争、ブッシュが起こしたイラクの戦争にて化学兵器が使われました。あれこそ、ヒトを殺すだけでなく、なんとか生きているヒトの子孫にまで影響を及ぼす悪魔の所業であり、最悪のモノですそれこそ非難をすべきトコロなのではないでしょうか。
外国人から(特に白人)『日本は戦争でヒドイことをした』などと言われた時に、最悪でも言い返せる、願わくば自国を誇りに思えるような発言が出来る日本人であり、
そのための最低限の知識は持って欲しいと思います。

あの戦争でアジアのために戦ったからこそ

タイや、台湾をはじめ東アジアで日本人が訪れると友好的に接してくれるのです。
えぇそれこそほとんどの東アジアの国の人たちが。

彼の国、韓国&中国を除いてね

Tokuには台湾人やタイ人、フィリピン人など友達がいますが
『第二次世界大戦で行った日本の所業』に関して
日本人の価値観とは全く反対の
ある意味感謝しているよ。と言ってもいいほどの価値観を持っています。
それに関してはまた今度。

長々なってしまい申し訳ないぽ(´・ω・`)

慰安婦問題や神風特攻隊に関してはまた次回。

新しいカテゴリ
『教科書に載らない本当にあった史実』
にて!

それでは!
Bye now!(* ^ー゚)ノ

























スポンサーサイト
訪問MAP
最新情報

Tokuが読んだ本を 少しずつまとめ中☆ 本の追加は早くても 感想が遅れていますが ヽ(;´Д`)ノ 暇な方は こちらもどうぞ♪

109の泉

MARKET
fxwill.com fxwill.com   各国政策金利
最近の記事+コメント
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問客
プロフィール

TOKU

  • Author:TOKU
  • 【HN】
    Toku

    【性別】
    健康日本男児

    【棲息地】
    東京都渋谷区


    【職業】
    某都市銀行


    【好きな言葉】
    ・友の憂いに吾は泣き、
     吾が喜びに友は舞う

    ・朝に道を聞かば
     夕べに死すとも可なり

    ・恩の腹は切らねど
     情の腹は切る

    ・聞くは一時の恥
     聞かぬは一生の恥

    ・われを非として
     当う者は吾が師なり

    【好きな教科】
    経営学&経済学全般。
    語学。
    英語を筆頭に
    現在スペイン語学習中。
    少しデンマーク語

    【星座】
    可愛さNO1のおとめ座♪

    【血液型】
    完璧自己中心マイペース。
    つまりB型。

    【足のサイズ】
    悲しいぐらい小さく
    25~26cm。

    【趣味】
    読書、音楽、パソコン、
    語学、無心、インテリア
    アート、散歩、映画
    試したコトがないのは
    とりあえず試したくなる性分。

    【タバコ】
    全身全霊をもって
    拒否反応拒絶。

    【好きな芸能人女性】
    Katie Melua(ケイティメルア)
    加藤ローサ
    伊東美咲
    有坂来瞳
    鈴木亜美
      
    【尊敬する人】
    坂本竜馬
    勝海舟
    高杉晋作
    小泉純一郎
    町村外務大臣
    横山周一郎
    マーガレット・サッチャー
       (元英首相)
    リチャード・ブランソン
       (ヴァージングループ会長)
    大賀典雄
       (ソニー相談役)
    盛田昭夫
       (元ソニー会長)
    井深 大
       (ソニー創設者)
    杉田秀夫
       (瀬戸大橋
        建設工事指揮官)
    堀場雅夫
       (堀場製作所創始者)
    藤沢武夫
       (本田技研元副社長
           最高顧問)
    ブレーズ・パスカル
    トーマス・アルヴァ・エジソン
    アルフレート・ロタル・ヴェーゲナー

    【今一番欲しいもの】
    時間と自由と金。

    【生まれ変わったら】
    人間。
      
    【世界平和に必要なのは】
    捏造&歪曲教科書消滅
    全世界都市から
    チャイナタウン消滅(マジ)

    【当Blogについて】
    日々のアホアホ徒然日記。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。